わが子を幼稚園受験させる人が増えています

まだ小さな子供のうちから受験を経験させるなんて、といった考えの方もいらっしゃいますが、最近ではかわいいわが子を幼稚園受験させる人が増えていると言われています。では、わが子に幼稚園の頃から受験させることには果たしてメリットがあるのでしょうか。実は、それには幾つかのメリットがあると言われているのです。ここでは、それらのうち二つの点についてご説明しておきましょう。一つは、一貫しており、なおかつしっかりとした教育理念を持って子供の教育を行なうことができるというものです。もう一つのメリットは、幼稚園受験の場合、倍率がそれほど高くはないため、子供にとってそれほど負担が大きくならないというものです。こうしたメリットを理解した上で、受験させるかどうかを決定できるでしょう。

しっかりした教育理念を持って教育に当たることができる

まだ小さい幼稚園の時から受験を経験させることによって得られるメリットの一つは、一貫しており、なおかつしっかりした教育理念を持って、わが子の教育に当たることができるというものです。この点は、一般の幼稚園と比較することによってよく理解できるでしょう。一般の幼稚園の場合、もちろん子供たちのことを考えたカリキュラムや理念のもとに子供たちの教育を施すことになりますが、基本的には子供たちが小学校に入学するまでのサポートしかできないのが現状です。それに対して付属の幼稚園であれば、小学校、中学校、高校、そして大学と継続していくものです。こうした制度になっているため、わが子を幼稚園受験させることによって、最初から一貫した教育理念を持って子供を教育していくことができるでしょう。

倍率が比較的低く、子供の負担は少ない

わが子を幼稚園受験させることには別のメリットもあります。それは、小学校に受験して入学しようとする場合と比較してみると、幼稚園のほうが、倍率が低い場合が多いというものです。一般的に言って、多くの幼稚園においては子供の学力よりも面接を重視している傾向があると言われています。そのため、まだ幼くて受験の意味を十分に理解できていない子供にとって、負担が少なくて済むと言えるでしょう。なぜなら、試験の合格を強調し過ぎて大きなプレッシャーを子供に与えてしまうといった事態を避けることができるからです。また、仮に合格しなかったとしても、過度に落胆してしまうこともないでしょう。また中には、小学校受験のための経験としてまずは幼稚園を受験させるという親御さんもいるようです。

受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 親では分からない、客観的な視点からの教室でのお子様の様子を報告します。 詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 幼稚園受験対策でお悩みなら